自己推薦入学試験 (2期)<給付奨学生選抜型>

入試概要
出願期間
11 / 5(月)~ 11 / 17(土)(消印有効)
試験日
11 / 24(土)
合格発表日
12 / 3(月)
  • 経済的支援が必要な成績優秀者を奨学生として選抜します。(出願制限があります)
  • 〈給付奨学生選抜型〉で合格して、入学すると授業料が4 年間大幅に減免します。(年間授業料598.000円)
  • モノの観察からはじまり、どのような感性でモチーフを表現できているかを鉛筆デッサンで評価します。モチーフをどのように工夫して構成しているのかを評価するために、モチーフをあらかじめ公開します。
  • 〈給付奨学生選抜型〉の募集定員は全体の約15%です。
  • 自己推薦のため出身学校長の推薦書は不要です。調査書の評定平均値の基準もありません。また、自己推薦書も不要です。
  • 〈給付奨学生選抜型〉で不合格になった場合でも、通常の授業料となる合否判定をします。(通常授業料で入学手続きを完了された方は入学許可を保持したまま、大学入試センター試験利用方式 (1期)(2期)〈給付奨学生選抜型〉にチャレンジできます。)
  • すでにAO 入試・自己推薦入試(1期)で出願・合格・入学手続きされた方でも、入学許可等の権利を保持したまま再度この入試にチャレンジできます。
  • 他大学との併願も可能です。
  • 試験は、本学以外にも金沢、岡山の会場で受験することができます。
  • 入学検定料が初回出願の場合は5000 円、再出願の場合は免除になります。
  • 自己推薦入試 (2期)〈特待生選抜型〉への同時出願はできません。

出願資格について

<給付奨学生選抜型>の出願制限

主たる家計支持者(父母又はこれに代わって家計を支えている者の内、所得金額が最も高い者)の収入・所得が入学手続時において、以下の条件を満たす者。

収入・所得金額
給与所得者 841万円以下
給与所得者以外の者 355万円以下

上記支払金額の条件を満たしていない場合、給付奨学生としての合格を取り消します。

  1. 給与所得者は源泉徴収票の支払金額(税込)※所得控除後の金額ではありません
  2. 給与所得者以外は確定申告書等の所得金額(税込)
  3. 自己推薦入試(2期)<給付奨学生選抜型>については2017年の収入・所得について条件を満たしていなければならない。
  4. 収入・所得の証明については、主たる家計支持者のみの提出とする。
  5.     

所得証明の提出

2017年の所得に関する証明書は、2018年10 月11 日(木)までに提出していただきます。ただし、2018年の所得に関する証明書についても、2019年3月下旬までに提出いただきます。(出願時には必要ありません)

試験科目・試験時間・配点・試験会場

試験科目 試験時間 配点 試験会場
鉛筆デッサン 開場 10:40
集合 11:40
12:00〜16:30
100点 成安造形大学
金沢会場:金沢勤労者プラザ
岡山会場:第一セントラルビル1号館

入試課題と公開モチーフ

鉛筆デッサン(270分)

次のモチーフを構成して、解答用紙(四ツ切画用紙)に自由にデッサンしなさい。

<モチーフ>

  • スナック菓子(カルビーポテトチップス L サイズ うすしお味)※パッケージが販売時期によって異なることがあります。
  • ロール型ペーパータオル(ネピア激吸収キッチンタオル100)
  • 電球2 個(OHM 白熱電球 一般形電球E26 100W クリア2 個入)
[注1] 解答用紙はタテ・ヨコ自由に使用すること。
[注2] 与えられたモチーフはすべて使用し、描くこと。
[注3] 電球の箱は描かないこと。
[注4] 電球は形を変化させないこと。
[注5] 持参用具は、それぞれの使用用途以外での目的で使用しないこと。
[注6] 下描き用紙(1枚)は、構成の下描きなどに使用すること。

試験会場

自己推薦入試(2期)<給付奨学生選抜型>は、下記の3会場で受験することができます。

本学会場

成安造形大学 (アクセス

金沢会場

金沢勤労者プラザ(金沢市北安江3-2-20)

大きな地図で見る

岡山会場

第一セントラルビル1階(岡山市北区本町6-36)

大きな地図で見る

在学中の中間審査

給付奨学生としての適正を維持できているかを判断するために、2年終了時に学業についての審査があります。

詳細については「入学試験要項入試ガイド2019(22.4MB)」をご確認ください。

高等学校等コード表、研究所・塾・予備校コード表は後日アップします。

PAGE TOP