マンガ・絵本コース

Comic and Picture Book Course
subject

各コースの情報は、大学案内のイラストレーション領域情報冊子に掲載しているコースの概要です。
各コースのカリキュラム情報は、現在作成中です。

描くことで物語を作る。
物語があるから描くことができる。

今や日本のポップカルチャーを代表する存在となったマンガ。世代を超えて愛される絵本。これら「イラストで表現される物語」は単なる娯楽としてだけではなく、文化としても人々に支持され、映画やゲーム、雑貨や広告と、さまざまなメディアに展開される人気コンテンツです。
絵と物語ははるか昔から、密接な関係にありました。神話の世界や、武勇伝。昔から人々は、さまざまな物語を絵にしてきました。そして印刷が普及した時代には「挿絵」が生まれ、やがて絵が主役の「絵物語」や「絵本」が生まれます。
120 年ほど前、ページをコマで分割し、フキダシを使って直接、セリフを語る「マンガ」というスタイルが生まれました。この方法は急速に進化し、それまで紙のメディアではできなかった、臨場感のある物語表現を可能にしてきました。このように、マンガも絵本も、時代時代でその表現をどんどん変化させていった表現なのです。その魅力は自由度の高さと、多様性。小さな子どもが楽しめるものから、大人向きの文学や芸術と並んで評価されるものまで、多種多様な本が出版されているのは、マンガや絵本に、無限と言っていい「表現の可能性」があるからです。

深みのある物語と、白と黒の美しいコントラスト。日本のマンガスタイルは今や「MANGA」として世界に知られるまでに成長した表現。[卒業制作]
コミックタッチのペン画で描かれた大人向き絵本。イラストレーションの楽しさを堪能できるのが絵本の世界。[卒業制作]
ヨーロッパスタイルのフルカラーコミック。イラストレーション領域ならではの美しいマンガ表現。[卒業制作]
イラスト、デザイン、物語構成。あらゆる要素が組み合わさってできるのがマンガと絵本という表現。表現の可能性は無限にあります。[卒業制作]

絵で物語を作り出す技術

本コースでは「絵で物語を語る」という原点を重視、マンガ・絵本を分け隔てなく扱います。それは既存のスタイルにとらわれない、本来のマンガや絵本のあり方であり、両方を扱うことで、「絵で物語を語る」本質がより見えてくるからです。授業では実作を繰り返しながら、作劇理論と個別指導により、自分ならではの語り方を身につけていきます。
魅力的なキャラクター。見たこともない異世界。ドキドキする出来事。そのすべてを自分で考え、自分で描き出すのがマンガ・絵本の世界。あなた自身の物語を描いていくことは、あなたの人生を豊かにしていくことでしょう。

物語のアイデアは、身の回りのさまざまな場所にあります。思いつくまま、想像の翼を広げてそれを絵で描き留めていきます。
物語を考え、ページ構成する作業がネーム(ラフ)。個別指導を受けて、納得がいくまで手直しを行います。
イラストレーション領域からは、多くのプロマンガ家がデビュー、第一線で活躍している。
PAGE TOP