教員紹介

共通教育センター/総合領域
教授

山本和人

YAMAMOTO Kazuto
専攻:哲学、宗教学

専門分野

宗教学。特定の宗教に限定するのではなく、地理的にも歴史的にも広い地域で比較検討する。ただし、単なる類型論ではなく、社会的・歴史的文脈を重視する。

研究領域

近代という時代の変化と国民国家の登場が及ぼした宗教の変容とその位置の変動。多くは西欧近代が近代化のモデルとして考えられるが、世界的視野をもって相対化する視点が必要だろう。併せて、近代化のシステムそのものを考え直さなければならない。それを宗教に対する位置づけから考察する。

学位

京都大学文学部 卒業(文学士)
京都大学大学院文学研究科修士課程 修了(文学修士)
京都大学大学院文学研究科博士後期課程 修了退学

略歴・業績

■主な論文

1987 「ホワイトヘッド形而上学の概念的条件」
『プロセス思想』第二号(日本ホワイヘッド・プロセス学会篇)
1988 知覚に於る経験と抽象-ホワイトヘッド知覚論の意味」
『宗教哲学研究』第五号(京都宗教哲学会編)
1993 「千年王国運動への視点」『宗教哲学研究』第十号(京都宗教哲学会編)
1995 千年王国運動と歴史 ―バリッジとエリアーデの研究を中心に―」
『哲學論集』第四十一号(大谷大学哲学会編)
2002 「造形知再考」文部科学省科学研究費補助金報告書
『造形による知的営みとしての「造形知」の多角的研究』
「造形知のスキーム」『鳰』Vol.7 成安造形大学研究紀要

■主な著作物

1993 「白人支配下における「終末」の宗教運動」『別冊歴史読本特別増刊No. 27』(新人物往来社)
1995 「宗教学基礎用語解説」『AERA Mook11 宗教がわかる』(朝日新聞社 共著)
2002 「現代に於る<宗教>の変容」長谷正當・細谷昌志編『宗教の根源性と現代』第3巻(晃洋書房)

 

PAGE TOP