教員紹介

イラストレーション領域
准教授

岸田保

KISHIDA Tamotsu
デザイナー・デジタルイラストレーター

専門分野

具象絵画
グラフィックデザイン
プロダクトデザイン

研究領域

・デジタル画材およびミクストメディア技法の研究
デジタル画材による新しい表現の研究。およびデジタル画材とアナログ画材での絵画制作を別々に扱うのではなく互いに融合させそれぞれの長所を生かしたミクストメディア技法の研究。
・質感研究
透明なガラスや水、鏡面の金属、塗装の光沢、プラスチックのシボなど材質や表面形状の違いによって生じる様々な質感が、なぜそのように見えるのかを科学的に分析し絵画で表現する方法の研究。

学位

金沢美術工芸大学 美術工芸学部 産業美術学科 卒業(芸術学士)

略歴・業績

■主なデザイン作品

・グラフィックデザイン

1989 株式会社リコー 光ファイルシステム「RIFILE21」GUIデザイン
1990 株式会社フラムアソシエイツ CIデザイン
CDショップHOURS ロゴマーク
2003 株式会社松浦機械製作所 金属光造形複合加工機LUMEX 25C」ロゴマーク他

・プロダクトデザイン

1988 株式会社東京計器 小型ジャイロコンパス「ES-110」
2003 パナソニック電工株式会社 高齢者介護用標準型車椅子「ライクル」
パナソニック電工株式会社 高齢者介護用モジュラー車椅子「フレキシー」
2004 パナソニック電工株式会社 高齢者介護用電動ケアベッド「ソイーネ」他

■主な展覧会

2009 デジタルペインティング展「光の留まる場所」同時代ギャラリーCOLLAGE(京都市)

■主な受賞
財団法人日本産業デザイン振興会 グッドデザイン(Gマーク)賞
財団法人大阪デザインセンター グッドデザイン選定
日刊工業新聞 機械工業デザイン賞

■社会活動等

2003 社団法人人間生活工学研究センター 障害者の身体寸法計測検討委員
2004 経済産業省 人間特性基盤整備事業 人間特性基盤整備推進委員及び計測技術検討委員

所属学会

日本感性工学会

 

PAGE TOP