教員紹介

空間デザイン領域
非常勤講師

松田優

MATSUDA Masaru
オペラ舞台衣裳デザイナー・地域デザインプランナー

専門分野

舞台芸術・舞台衣裳・地域デザイン・アートマネジメント

研究領域

舞台芸術・産官学地域連携

略歴・業績

2001 舞台衣裳のデザイン・衣裳製作・現場操作・公演後の衣裳管理までを総合プロデュースする(有)アトリエ ミック設立(2005年 株式会社に改組)
現在、株式会社アトリエMICでは舞台芸術、文化振興、教育部門の運営をしている。

 舞台芸術部門では、日伊共同制作オペラ、「トロバトーレ」、「アイーダ」、「ファルスタッフ」、「トスカ」、「仮面舞踏会」、「アドリアーナ・ルクヴルール」、ボローニャ歌劇場「蝶々夫人」、ロシア マリンスキー劇場提携制作オペラ、「エフゲニ・オネーギン」などの海外提携オペラ公演に衣裳責任者として参加。
東京目黒パーシモン「魔笛」、東邦音楽大学、大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス、関西二期会、関西歌劇団、ニュー・オペラシアター神戸、名古屋二期会、四国二期会徳島支部、広島オペラアンサンブル、倉敷音楽祭等の各地のオペラ公演で、デザインから衣裳の総合プロデュースに携わり、オペラ公演は100公演以上を手掛け、所蔵オペラ衣裳は5000着以上。オペラ以外にも、ミュージカル作品・テーマパーク・イリュージョンの衣裳まで、幅広く手がけている。  
 
 文化振興部門では各都市の文化事業、地域イベント、音楽コンサート、イベント、市民交流等の企画、広報、運営、実施に携わり、80公演以上の主催事業を手掛けている。
 
 教育部門では各大学で地域デザイン、産官学、地域連携、舞台芸術、舞台衣裳等で教鞭をとり、学外参加型授業などを中心に、専門分野に優れた人材の輩出を目指し、幼児教育では、別部門であるミックイングリッシュを運営。専門講師が各教室、保育園等で音楽と英語をとり混ぜたオリジナルメソット・教材を使用し、英語リトミック、英語ミュージカルスクールを展開している。

2002 大阪音楽大学オペラハウスにおいて F.ブゾーニ作曲 「トゥーランドット」を衣裳デザインし、この公演が音楽クリティック・クラブ賞と大阪文化祭賞を受賞
2010 ニュー・オペラシアター神戸「蝶々夫人」を衣裳デザインし、この公演が佐川吉男音楽賞を受賞
兵庫県芸術奨励賞受賞

株式会社 アトリエ ミック 代表取締役社長
神戸国際大学 経済学部 客員教授
西宮市野外文化事業 27年度実行委員長
ボローニャ歌劇場 日伊共同制作オペラ「蝶々夫人」公演 
歌手オーデション審査員、衣裳統括責任者、衣裳デザイナー

 

  • オペラ「カルメン」公演
  • オペラ「カルメン」公演 衣裳デザイン画
  • オペラ「蝶々夫人」公演
  • オペラ「蝶々夫人」公演 衣裳デザイン画
  • 松田優オペラ舞台衣裳展 兵庫県公館
PAGE TOP