教員紹介

メディアデザイン領域/共通教育センター/地域実践領域/美術領域
教授

泊博雅

TOMARI Hiromasa
メディアアーティスト

専門分野

メディアアート(パフォーマンス、インスタレーション)

研究領域

共同制作による創造
映像、音、光、身体、物質、言語、数による表現

学位

京都市立芸術大学美術学部美術科構想設計専攻 卒業(芸術学士)
京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻造形構想 修了(芸術学修士)

略歴・業績

【研究業績等】

■主な公演(パフォーマンス)

1988 「PLESURE LIFE」第1回ニューヨーク国際演劇祭(PS.122、ニューヨーク)等5ヶ国6ヶ所
1990 「pH」フェスティバル EXIT(Maison des Arts Crteil、パリ)等10ヶ国18ヶ所(1995年まで)
1994 「S/N」ニュージーランド国際演劇祭(Shedl、ウェリントン)等16ヶ国21ヶ所(1996年まで)
1997 「OR」アルス・エレクトロニカ・フェスティバル(リンツ)等11ヶ国18ヶ所(1999年まで)
1999 「memorandum」(新国立劇場、東京)等

■主な展覧会(インスタレーション)

1989 「PLAY BACK」『AGAINST NATURE』展(サンフランシスコ近代美術館)等アメリカ巡回展(1991年まで)
1990 「pH」(青山スパイラルガーデン、東京)
1992 「S/N#1」『戦後日本の前衛美術』展(横浜美術館、横浜)(1998年まで)
1992 「S/N#2」『アナザーワールド』展(水戸美術館、水戸)
1994 「LOVE / SEX / DEATH / MONEY / LIFE」
『Fancy Dance』展(Artsonje Museum, Kyonju)等(2000年まで)
1997 「OR」『GENDAI: 日本の現代美術』展(ワルシャワ現代アートセンター、ワルシャワ)等(2000年まで)
2000 「cascade」『Performance and Body Arts from East Asia』展(世界文化館、ベルリン)等

■パブリックコレクション
2000 「OR」リヨン現代美術館(フランス)

所属学会

ダムタイプ

 

PAGE TOP