教員紹介

美術領域
客員教授

滝沢具幸

TAKIZAWA Tomoyuki
日本画家

研究領域


略歴・業績

1967年に法隆寺金堂壁画模写事業に参加し、その後中世オリエント学術調査団員としてカッパドキアの壁画模写に携わる。1977年から創画会会員として作品の発表を続け、また多くの個展や「地の会」「遊星会」「椿会」等々のグループ展、日本秀作美術展等に出品する。山種美術館賞展で優秀賞、MOA岡田茂吉賞大賞を受賞する。作品は人間、大地、風景などをテーマに幅広く、抽象性のある堅牢な造形表現で情感をもって描いている。
現在、創画会会員、日本美術家連盟理事、武蔵野美術大学名誉教授、飯田市美術博物館館長。

 

PAGE TOP