Home > Archive > ギャラリーウインドウ

Past of Exhibition これまでの展覧会
アイキャッチ用_p

Aspects of Light

2019年7月20日(土)〜8月3日(土)11:00-17:00

design:大田高充  私たちは普段、物を見ている。いや、正確には物体が跳ね返した光を見ていることになる。 私たちが目の前にある物を視認できるのは、物体が周囲の光を吸収したり反射したりすることによって、色や形が露わになるからである。例えば......
アイキャッチ用

「みつける」のアンテナ展

2019年6月1日[土]-6月15日[土]|11:00-17:00|日・月休館 ※ 6/2はオープンキャンパスのためopen

芸術大学では、「観察」と「発見」は作品制作を行う上での重要な基礎力として捉えられています。日常の身の回りをよく観察し、今まで知らなかったヒトやモノ、コトを発見して自身の感性を更新することが、新たな作品を生み出す原動力となるからです。......
Print

SELECTION 卒業制作展 2019

2019年4月1[月]-4月28日[日]11:00-17:00 日・月休館

Design:Takaaki Onuma 概要 2018年度の卒業制作作品から、5領域12コースごとに優秀作品を選抜し、成安造形大学【キャンパスが美術館】で再構成して展示いたします。 キャンパス内に点在するギャラリースペースにて、彼/彼女ら......
05

高等学校等文化芸術活動 ジャンプアッププロジェクト 写真部門 2018展

2019年2月9日(土)-3月9日(土)|11:00-17:00(※3/9は10:00〜12:00)|日・月・2/23休館

概要 このたび、成安造形大学【キャンパスが美術館】において「ジャンプアッププロジェクト 写真部門」展を開催いたします。  「高等学校等文化芸術活動ジャンプアッププロジェクト」は、2015年度に開催された『第39回全国高等学校総合文化祭 20......
ノイズチラシ  中央揃え

美術領域現代アートコース後期課題作品展「ノイズ」

2012年9月28日(金)-10月14日(日)12:00-18:00
会期中無休・入場無料

展覧会概要 「ノイズ」とは、美術領域現代アートコース2年生が後期の課題作品を発表する展覧会です。 展覧会名「ノイズ」とは、処理対象となる情報以外の不要な情報のことをいいます。そのノイズを否定的に捉えず拾い上げ、新しいカタチに変わる過程をこの......
淡海の夢2018風景展DM(最終)

棚田・里山、湖辺の里 淡海の夢2018風景展

2018年12月1日(土)−12日(水)|11:00〜17:00|日・月休館

「棚田・里山、湖辺の里 淡海の夢2018風景展 (おうみのゆめ)」 今年で16年目を迎える「淡海の夢2018風景展」が開催しました。 公募による一般の方の絵画や写真作品を展示しています。 今年も風景画の魅力がつまった47作品があつまりました......
tesaguri_eye

テサグリとドウニュウ 成安造形大学新任教員展

2018年7月17日[火]- 7月28日[土]11:00–17:00|休館:月曜日

Flyer Design: Syunji TERADA 佐野耕平《space of a mirror》 上原結子《約束の森》 大原歩《心のふるさと仰木の里山マップ仰木絵図~秋編~》 藤井俊治《快楽の薄膜》 概要 成安造形大学【キャンパスが美......
_communication-ideas_eyecatch

.communication ideas

2018年6月3日[日]- 6月12日[火]11:00–17:00|休館:日曜・月曜日 ※ただし、6月3日[日]は開館

2017年に京都dddギャラリーで開催された「.communication」展では、情報デザイン領域の学生や卒業生、教員が、それぞれ自立したクリエイターとしてコラボレーションを行い、様々な作品が生みだされました。「.communicatio......
ヴンダー結

神保町ヴンダーカンマー at カフェテリア「結」紀伊國屋

2017年12月12日[火]-22日[金]11:00–18:00|日曜休館|
入場無料

概要 2015年から毎夏、東京の奥野かるた店で開催している『神保町ヴンダーカンマー』を、小規模ながら成安造形大学のカフェテリア結&ミュージアムショップ、ギャラリーウィンドウで開催します。 第一回からイラストレーション領域小田研究室は出展を続......
IMG_5042eye

素材からの発想

2017年7月18日[火]–23日[日]

コスチュームデザインコースでは、服作りと素材作りの基礎を平行して学び、3年次からはオリジナルな表現を探る段階に入ります。
素材作りの核となる染織技法をはじめ、既成の布にとらわれない自由な発想のコスチュームなど、多様な表現手段に加......
banner_215_162

SELECTION 卒業制作展 2017

2017年3月19日[日]–4月29日[土]|休館:日曜日 *ただし3月19日[日]は開館|12:00–18:00

2016年度の卒業制作作品から、5領域13クラスごとに優秀作品を選抜し、成安造形大学【キャンパスが美術館】で再構成して展示いたします。......
challenge2small

チャレンジ2回生

2017年1月17日(火) - 19日(木)
12:00-18:00

概要 美術領域現代アート2年生がグループ展「チャレンジ2回生」を開催致します。 「チャレンジ2回生」とは、美術領域現代アートコース2年生が後期の課題作品を発表する3日間だけの展覧会です。1月17日には公開合評も合わせて行います。 展覧会名で......
1day_eyecatch

現代アートコース4年生1day exhibition

2017年1月11日(水)12:00-18:00

概要 「美術領域現代アートコース4年生が「1day exhibition」を開催致します。 「1day exhibition」とは、美術領域現代アートコース4年生が作品を発表する1日だけの展覧会です。当日は、15:00より公開合評を行います......
_data

滋賀の高校美術教員展 2016

2016年8月24日[水]–9月11日[日]
休館日|8月28日[日]

本展は、滋賀県内の高等学校で教鞭をとる教員有志によるグループ展です。 芸術教育に携わりながら、精力的に制作・発表を続ける作家たちの豊かな作品をこの機会にどうぞご覧ください。......
監視される生活ポスター児玉版216

監視される生活

2016年7月11日[月]– 7月31日[日]

このウインドウ内の生活空間は7月11日(水)から7月31日(日)まで行われる人が人を観察することから生まれる緊張感をテーマとした インスタレーション・パフォーマンスです。 2人で1つの空間や、常に見られる続けるといったプライバシーを廃し......
Web

木内 貴志 個展
「木内妄想芸術大学作品展 -独りホームカミング-」

2016年5月23日(月)- 6月25日(土)12:00-18:00
日曜日休館*ただし6/5(日)は開館

成安造形大学【キャンパスが美術館】では、木内貴志による「木内妄想芸術大学作品展 ─独りホームカミング─」を開催致します。
1998年に成安造形大学洋画クラス研究生を修了した木内は、「キウチズム」なる個人イズムの確立を追及し、自身......
SELECTION_eye

SELECTION卒業制作展2016

2016年4月1日(金) - 30日(土)
12:00-18:00 休館日:日曜日

2014年度の卒業制作作品から、5領域13クラスごとに優秀作品を選抜し、成安造形大学【キャンパスが美術館】で再構成して展示いたします。
キャンパス内に点在するギャラリースペースにて、彼/彼女らが過ごした学生生活の雰囲気を感じつつ......
表面 (決定)

版画教育について考える -セイアン版画セッション-
「第10回 関西八芸術大学版画ポートフォリオ展」

2016年3月20日(日) – 3月26日(土)
12:00-18:00 *3/21(月/祝)休館 最終日17:00まで

「版画教育について考えるーセイアン版画セッションー第10回 関西八芸術大学版画ポートフォリオ展」を開催いたします。
各大学の学生達が作ったポートフォリオ(オリジナル版画集)を展示する本展は、今回で10回目を迎え、今年度は成安造形......
Print

JAGDA学生グランプリ2015 成安造形大学ポスター展

2015年9月9日[水]– 9月23日[水]
12:00–18:00
休館日:日曜日

日本グラフィックデザイン協会(JAGDA)主催の学生ポスターコンペティション「JAGDA学生グランプリ2015」が今年開催され、全国から1,023点の応募がありました。応募テーマは「JAPAN」。
本学からもメディアデザイン領域......
Print

what I’ve chosen | what I chose vol.3

2015. 6.8(mon) - 6.27(sat)
12:00 - 18:00
Closed on Sundays
日曜休館 *6/7(日)はオープンキャンパスの為プレオープン(10:00-16:00)

本展は美術、デザインなどを学んだのち「つくることを選んだ」作家として活躍する本学の職員に焦点をあてた展覧会です。
つくろうと思ったきっかけは何か。
何を目的に制作を続けているのか。
どのような視点で......
1 / 3123

PAGE TOP