Home > Archive

Archive of Exhibition 過去の展覧会
eye

ジャンプアッププロジェクト写真部門展

2017年2月11日(土)-2月25日(土) 12:00-18:00 日曜休廊 

概要 このたび、成安造形大学【キャンパスが美術館】において、「ジャンプアッププロジェクト 写真部門」展を開催いたします。 ジャンプアッププロジェクト」は、2015年度に開催された『第39回全国高等学校総合文化祭 2015滋賀 びわこ総文』の......
drawing03_eye

ドローイングのいま

2017年1月16日[月]–20日[金]

概要  美術演習では、美術領域2年生を対象に「ドローイング研究」の授業を行っています。 授業では、線だけで描く描線や絵画の下絵ではなく、それ自体が独立した絵画として成立できるだけの視覚的な物質性やテーマ性をどのように獲得できるかを研究してい......
challenge2small

チャレンジ2回生

2017年1月17日(火) - 19日(木)
12:00-18:00

概要 美術領域現代アート2年生がグループ展「チャレンジ2回生」を開催致します。 「チャレンジ2回生」とは、美術領域現代アートコース2年生が後期の課題作品を発表する3日間だけの展覧会です。1月17日には公開合評も合わせて行います。 展覧会名で......
1day_eyecatch

現代アートコース4年生1day exhibition

2017年1月11日(水)12:00-18:00

概要 「美術領域現代アートコース4年生が「1day exhibition」を開催致します。 「1day exhibition」とは、美術領域現代アートコース4年生が作品を発表する1日だけの展覧会です。当日は、15:00より公開合評を行います......
eye

Rollin Eggs Vol.7 名画から出てきた人物たち 展

2016年12月8日[木]–12月11日[日]|12/8–9 12:00–17:00, 12/10–11 10:00–17:00|入場無料

「滋賀芸術学舎は、2006年に滋賀県大津市にオープンした、表現方法を学びながら作品制作に取り組む美術教室・制作工房です。子供から社会人、高齢者の方までさまざまな年代の生徒が学んでいます。......
eye

棚田・里山、湖辺の郷 淡海の夢2016風景展

2016年12月6日[火]–17日[土]12:00–18:00|日曜休館|入場無料

琵琶湖を中心とした湖国の自然や風景、町並みは今、次世代に引き継ぎたい美しく貴重な日本の原風景として広く注目されています。......
Print

GUNDBU FRONT SEIAN 2

2016年10月3日[月]–10月9日[日]
12:00–18:30

成安造形大学ガンダ部は、初心者から経験者まで‟プラモデルが好き”という共通の趣味を持った学生9人が週に一回集まり、プラモデル制作を行っているクラブです。......
eye

空間描写展「Where」〜空間を生み出す力〜

2016年9月26日[月]–10月1日[土]
9:00–22:00

本展覧会は、成安造形大学 イラストレーション領域2年生による空間描写実習の課題作品、自主制作作品の展覧会です。......
michi_3eye

7. 山上山下七里半、比叡山回峰行の道程

@芝生グラウンド他

7年間で千日間山上山下を回峰するという、比叡山延暦寺の厳しい修行の中でも最も難行と言われる千日回峰行。
回峰行者は、根本中堂、弁慶水、玉体杉、大巌、石仏など約260ケ所に及ぶ場所で祈りを捧げながら歩きます。
その回峰......
_DSC0144eye

6. 葛川明王院の太鼓まわし

@ギャラリーアートサイト

鯖街道、葛川沿いの大津市坊村にある葛川明王院で行われる太鼓回しと呼ばれる行事は、比叡山延暦寺の修行僧(行者)の修行と地域の人々の祭礼が合わさって行われる大変珍しい行事です。
千日回峰行を創始した相応和尚(そうおうかしょう)(83......
isaki_saotobi_426eye

5. 伊崎寺の棹飛び

@ライトギャラリー

近江八幡市にある伊崎寺では、毎年8月1日、琵琶湖に突き出た長さ約13メートルの木製の棹の先端から修行僧(行者)が約7メートル下の琵琶湖面向かって飛び込むという伝統行事が行われます。
この展示では、琵琶湖とそれを囲む山々が育んだ琵......
ano_1eye

4. 穴太衆 石積み

@ギャラリーウインドウ

大津市坂本の伝統的な石積みで知られる穴太衆積を撮影した立花常雄による写真作品。
ゼラチンシルバープリントでプリントされた350作品以上が巨大な平面に並び立つ姿からは、
銀塩印画紙に由来する光の堆積と「野面積み」より受......
poster_1eye

3. 日本遺産滋賀・びわ湖フィールドサーヴェイプロジェクト

@G103教室

本学では日本遺産「水の文化」ツーリズム推進協議会の委託を受け、本学学生が
「日本遺産滋賀・びわ湖」に認定された地域・史跡・食などの全てを調査・体験し、
イラストレーションで表現した作品をポスターに編集して展示します。......
nishihisamatsu_eye

2. 鮒寿しの魅力 

@聚英館 1F

本学の美術領域教授で附属近江学研究所所長である日本画家西久松吉雄による絵画作品の展示。
被写体は「日本遺産滋賀」に選定される食文化の中でもその中心とも言える鮒寿しです。
海津の老舗、魚治・湖里庵のこだわりの盛り付けが......
eye_musubu

1. MUSUBU SHIGA shop

 @バスストップギャラリー

滋賀県の魅力を新しい視点から発信する「湖と、陸と、人々と。 MUSUBU SHIGA」プロジェクトでは、デザイナーや専門家とともに、滋賀に暮らす人々がこれまで培ってきた魅力をリサーチし、その様子をお伝えしてきました。
本展示では、こ......
eye_158

近江のかたちを明日につなぐ展Vol.6 
「写真家・寿福滋 私が見る近江」

2016年9月12日(月)〜9月30日(金)10:00–17:00
日曜日休館
会場|成安造形大学 聚英館1階 情報発信ギャラリー

 近江学研究所発行の文化誌『近江学』の表紙をはじめ多くの写真を提供していただいている写真家・寿福滋氏。
文化財の撮影が専門で、かつ、近江の美しい風景も数多く撮影されています。
今回の展覧会では、写真家・寿福氏の視点か......
JAGDA2016-7

JAGDA新人賞展2016 上西祐理・川上恵莉子・村上雅士

2016年9月19日|月|–10月1日|土|
休館日:日曜日 入場無料

1978年に発足した公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)は、現在、会員数約3,000名を誇る日本最大規模のデザイン団体として、年鑑『Graphic Design in Japan』の発行や展覧会・セミナーの開催、デザ......
_data

滋賀の高校美術教員展 2016

2016年8月24日[水]–9月11日[日]
休館日|8月28日[日]

本展は、滋賀県内の高等学校で教鞭をとる教員有志によるグループ展です。 芸術教育に携わりながら、精力的に制作・発表を続ける作家たちの豊かな作品をこの機会にどうぞご覧ください。......
Painting, Final Shot_215

美術領域選抜個展シリーズvol.26 Scott Patience展

2016年7月18日[月]–7月25日[月]

本展は美術領域において精力的に活動する在学生たちの作品を広く紹介するために、
美術領域より選抜した学生の個展を学内ギャラリーであるギャラリーキューブで開催するものです。
vol.26になる今回の展覧会は、洋画コース留学生......
white02_215

手のソウゾウ2016

2016年7月30日[土]–8月6日[土]

概要 ヒトが生活する空間、ヒトを包み込む空間、ヒトが装う空間。 固い素材と柔らかい素材。手で想像し、手で創造する。 空間デザイン領域1年基礎課題「布を中心とした身体装飾」「柱、壁、床と屋根、開口と光の群造形」 2課題をテーマに制作した作品を......
1 / 1412345...10...最後 »

PAGE TOP