公開講座

連続講座「近江のかたちを明日につなぐ」『近江―食のかたち―料理が伝える文化とは!?』

日程 2019年5月18日(土) 10:50~12:20
応募締切日 2019年5月7日(火)
記号 【イ】

講座内容

水郷と商家の街、近江八幡市で地元の食材をふんだんに使う料理人、寿し割烹と日本料理を楽しませる「ひさご寿し」2代目川西豪志氏に迫ります。世界的に和食の注目度は高く、その理由に無形文化遺産に「和食;日本人の伝統的な食文化」が登録されたことは大きい。日本食文化の中で近江料理とは何か、その周辺と環境、様々な過程から育まれた料理に注目し食が伝える近江、日本の文化について、また多分野との交流から広がる食の可能性にも迫ります。

  • びわます棒寿し
  • 琵琶湖産いさざと信長葱のじゅんじゅん
  • 2019年度附属近江学研究所パンフレット (デザイン:塩谷啓悟)

講座概要

・講座名 連続講座「近江のかたちを明日につなぐ」『近江―食のかたち―料理が伝える文化とは!?』
・講座記号 【イ】
・開催日 2019年5月18日(土) 10:50~12:20
・受講料 500円(当日受付にて徴収いたします)※本学学生・2019年度近江学フォーラム会員は受講料無料
・場所 成安造形大学
・対象 中学生以上
・募集 180名
・応募締切日 2019年5月7日(火)必着 
・講師 川西 豪志  氏 (株式会社木馬代表取締役・ひさご寿し料理長)
・対談 石川 亮(本学准教授・近江学研究所研究員)

講師プロフィール

川西 豪志  氏 (株式会社木馬代表取締役・ひさご寿し料理長)

1976年 滋賀県近江八幡市生まれ。’95年 県立八日市高等学校卒業後、株式
会社木馬 ひさご寿しに入社。有馬での修行後’03年帰郷、ひさご寿し料理
長に。第一回日本料理コンペティション全国決勝敢闘賞、国家資格日本料理
専門調理師、滋賀県日本調理技能士会理事、滋賀フードツーリズム推進協議
会副会長、日本料理アカデミー正会員、龍谷大学非常勤講師。


下記の申込フォーム以外での申込方法・参加証等についてはこちら

PAGE TOP