公開講座

連続講座「淡海の夢2019写生会」『仰木・棚田里山写生会』

日程 2019年6月8日(土) 9:30~17:30 ※雨天中止
応募締切日 2019年5月24日(金)受付は終了しました
記号 【オ】

講座内容

======

淡海の夢2019写生会 仰木・里山棚田写生会 お申し込みのみなさま

本日6月8日の写生会は、開催いたします。
ただし、お昼頃の小雨の予報があります。
雨が強く降る場合は、途中で中止となる可能性があります。
その点をご了承いただき、ご参加の判断をお願い致します。
お気をつけて、お越しください。

近江学研究所 6月8日(土)7:15

=======

琵琶湖を中心とした棚田・里山、湖国の風景は、今、次世代に引き継ぎたい美しく貴重な日本の原風景として広く注目されています。「淡海の夢」は、年2回の写生会と公募風景展を通して、近江の素晴らしさを体感し固有の価値を再発見する講座です。成安造形大学の教員が、風景写生のコツをレクチャーし、講評会を実施します。「プロのアドバイスを受けられるチャンス」とご好評いただいております。ぜひお申込みください。

仰木は、比叡山から琵琶湖の西岸へと伸びる尾根沿いの農村集落で、1150年の歴史があります。周囲にゆったりと階段状に広がる棚田や雑木林など、人々が守り育んできた日本の原風景ともいえる風景が魅力です。地域の会館にて講評を行います。

 

  • 大津市仰木地区 棚田と集落の風景
  • 講評会のようす (右:講師 永江弘之)
  • 2019年度附属近江学研究所パンフレット (デザイン:塩谷啓悟)

講座概要

・講座名 連続講座「淡海の夢2019写生会」『仰木・棚田里山写生会』
・講座記号 【オ】
・開催日 2019年6月8日(土) 9:30~17:30 ※雨天中止
・受講料 500円(当日受付にて徴収いたします)※本学学生・2019年度近江学フォーラム会員は受講料無料
・場所 滋賀県大津市仰木周辺
・対象 どなたでもご参加いただけます。(ただし、小学生以下は保護者同伴 )
・募集 40名
・応募締切日 2019年5月24日(金)必着 受付は終了しました
・講師 永江弘之 (本学教授・近江学研究所研究員) ほか、本学教員が参加予定

講師プロフィール

永江弘之 (本学教授・近江学研究所研究員) ほか、本学教員が参加予定

1960年 大阪府生まれ。大阪教育大学教育学部卒業。中学校美術科教諭を経て、2003年成安造形大学講師となり、現在、成安造形大学芸術学部芸術学科イラストレーション領域教授、08年から同大学附属近江学研究所研究員。近江学研究所公開講座「淡海の夢」(写生会・公募展)企画責任者。近江の風景に魅せられ、色彩感あふれる写実風景画や幻視風景画を制作。

「藤ノ木川沿いの小径―大津市坂本」(F6)永江弘之(2018)


下記の申込フォーム以外での申込方法・参加証等についてはこちら

受付は終了しました
PAGE TOP