【2021】総合型選抜入学試験について

総合型選抜入学試験について

総合型選抜入試は試験によって内容や特徴が異なります。下記の表をご確認ください。

試験科目 試験日 記載詳細 専願 / 併願
(1期)
 給付奨学生選抜
持参作品+個別面接 9月6日 こちら 専願
「出願可」の通知後、出願すると「合格」
※出願後は辞退することができません。
(1期) 体験授業 9月5日 こちら
(2期) 体験授業 10月3日 こちら
(3期) 持参作品+個別面接
(地域実践領域のみ持参物+個別面接)
11月8日 こちら 併願可
「出願可」の通知後、出願すると「合格」
※他大学と併願することが可能です。
(4期)
 給付奨学生選抜
鉛筆デッサン 11月21日 こちら
(4期)
 特待生選抜
鉛筆デッサン 11月21日 こちら
(5期) 持参作品+個別面接
(地域実践領域のみ持参物+個別面接)
12月6日 こちら
※給付奨学生選抜は収入・所得に関するエントリー制限があります。

総合型選抜入学試験の流れ

Step1 エントリー

エントリーシートにてエントリーを行ってください

  • ◎必要事項を記入のうえ、写真を貼付し、エントリー専用封筒に入れ、期間内に簡易書留速達で郵送してください。
  • エントリーは無料です。総合型選抜入試(1期)(2期)についてエントリー時点では、専願である必要はありません。
  • ◎調査書を同封してください。(1期・2期はエントリー時には必要ありません。)
Step2 エントリー受付
  • ◎大学から「エントリー受付票」を送付します。大切に保管してください。
Step3 試験 体験授業

総合型選抜入試(1期)(2期)

  • 4つの授業の中から1つを選択してください。
面接

総合型選抜入試(1期)給付奨学生選抜(3期)(5期)

  • ・作品等を持参してもらい個別面接を行います。
実技

総合型選抜入試(4期)給付奨学生選抜・特待生選抜

  • ・公開モチーフによる鉛筆デッサンを行います。
Step4 出願可否通知

出願可否通知日に、可否結果にかかわらず、全員に郵送で「出願可否通知」を送付します。

  • ◎通知書はエントリー時に記載した住所宛に配達日指定の簡易書留で送付します。ただし、上記の体験授業・面接・実技に参加しなかった場合には通知しません。
  • ◎「出願可」の場合、出願に必要な書類を一式送付します。
Step5 出願手続

「出願可」の方は、出願すれば合格となります。
ただし、総合型選抜入試(1期)(2期)は、本学を専願とする方に限り出願すれば合格となります。

  • ◎合格となった場合、以降の入試に出願することはできません。(ただし、給付奨学生・特待生として合格された方以外については、その後の入試は出願可能です。)
  • ◎出願を希望する方は、出願書類一式を入学広報センター宛に、本学所定の簡易書留速達封筒で郵送、または窓口にて提出してください。
  • 出願の際は入学検定料が必要です。所定の用紙をご利用のうえ、入学検定料35,000円を納入してください。
Step6 合格発表

出願手続が完了された方に、「合格通知書」と入学手続書類を送付します。

Step7 入学手続き

入学手続〆切日までに学費等の納入とその他の必要な手続を行ってください。

  • ◎手続については、2段階に分かれています。1次で入学金の納入と入学手続書類の提出、2次で前期分の授業料とその他諸経費を納入してください。
  • ◎入学手続期間内に所定の手続を完了しない場合は、入学を取り消すことがあります。
  • ◎手続方法など詳細は、合格通知とともに同封されている書類を参照してください。

arrow

入学

諸注意

  • ◎身上および住所など、提出書類の内容に変更が生じた場合は、入学広報センターまで連絡してください。
  • ◎障がいのある方で、体験授業や就学に際して配慮が必要な場合は、入学広報センターまで連絡してください。
  • ◎遠方からの参加のため宿泊が必要な場合は、各自で手配してください。
PAGE TOP