研究活動における不正行為防止等への取り組み

成安造形大学 学長
研究活動に関する最高管理責任者

成安造形大学における研究活動不正行為防止及び公的研究費の不正使用防止に関する取り組みを掲載しています。

成安造形大学は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日文部科学大臣決定、令和3年2月1日改正)」及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)」を踏まえ、研究活動における不正行為に対応する適切な仕組みを整えるとともに、競争的資金等の適正な取扱いのために必要な施策の推進に努め、研究者をはじめ本学構成員が一体となった研究不正防止に向けた体制整備を進めていきます。

  • 公的研究費の不正使用防止等に関する基本規程
  • 成安造形大学の教員、職員及び学生が公的研究費等による研究活動を行うに際し、研究活動における不正行為の防止及び教職員等が遵守すべき事項並びに不正行為に起因する問題が生じた場合の措置等に関し、必要な事項を定めました。

研究不正防止に関する責任体制

責任体制 役職名 責任と権限
最高管理責任者 学長 本学全体を統括し、公的研究費の管理及び運営について最終責任を負う者
統括管理責任者 副学長 最高管理責任者を補佐し、公的研究費の管理及び運営について本学全体を統括する実質的な責任及び権限を持つ者
公的研究費に係るコンプライアンス推進責任者 事務局長 公的研究費の不正使用防止等に関する対策を行う者
*令和3年度 研究倫理規程の制定に伴い、研究倫理教育責任者を設置する
研究倫理教育責任者 学部長 本学の研究倫理の向上及び研究活動における不正行為の防止等の研究倫理教育に関する権限と責任を有する者

成安造形大学研究活動における不正行為の防止に関する基本方針

本学は、公的研究費による研究活動を適切に実施するため、不正行為を誘発する原因をできる限り取り除き、抑止機能が有効に働く体制を整備し、もって健全な研究環境を醸成するため、研究活動における不正行為の防止に関する基本方針を「成安造形大学公的研究費による研究活動における不正行為防止等に関する基本規程」に基づき定めました。

  1. 機関内の責任体制の明確化
  2. 適正な管理・運営の基礎となる環境の整備
  3. 学修成果を、各科目において掲げる学修目標への到達度により厳正に評価する。《専門研究課程》に進むにあたり、主体的に研究を行う能力の有無を見極める進級審査を実施する。
  4. 不正を発生させる要因の把握と研究不正防止計画の策定・実施
  5. 研究費の適正な管理・運営活動
  6. 情報発信・共有化の推進
  7. モニタリングの実施

研究活動上の不正行為に関する通報、告発、ルール等の相談受付窓口

本学における研究活動にあたってなされた不正行為の事実があると考える人に対し、大学の内外を問わず誰でも通報することができる告発受付窓口を設置しています。また、公的研究費等に係る事務処理手続きに関する相談窓口を設置しています。

告発受付窓口(成安造形大学 総務課)

住所  〒520-0248 滋賀県大津市仰木の里東4-3-1
TEL   077-574-2112
FAX   077-574-2120
E-mail: soumu@seian.ac.jp

相談受付窓口(成安造形大学 研究・連携支援課)

住所  〒520-0248 滋賀県大津市仰木の里東4-3-1
TEL   077-574-2118
FAX   077-574-2120
E-mail: mirai@seian.ac.jp

<注意>調査の結果、悪意に基づく告発であったことが判明した場合には、告発者の氏名の公表、懲戒処分及び刑事告発を行うことがあります。

PAGE TOP