キャリアサポートの特長

成安が考える、キャリアサポートとは

芸大卒業後の進路はクリエイターだけにはとどまりません。モノづくりや創作活動を通して得られる企画力や発信力は、社会人として大いに役立つため、さまざまな進路が待っています。そして、成安の「キャリアサポート」は単なる就職支援だけではなく、生涯にわたってアートやデザインの「研究」「創作」を生活と仕事の両方に活かしていけるよう、在学中から支援していくことを強く意識しています。それこそが成安のキャリアサポートの考え方なのです。そのために私たちは、少人数性と個別対応で学生一人ひとりの人生設計をともに考え、サポートを行います。

キャリアサポートの取り組み

高い就職率を維持するためのサポートと
きめ細かい個別指導

就職や進学など、学生それぞれの進路に応じて個別対応をしています。どのような進路を希望しているのか、内定を取るためにはどうすればいいのか、的確なアドバイスを行い個別面談を重ねます。また就職活動の進展にともない、履歴書・エントリーシートの添削や模擬面接も行います。学生一人ひとりの希望進路や就職活動状況を日々スタッフ全員で共有し、指導を徹底。どのスタッフが担当してもフォローできるような連携を組んでいます。
また、自分に向いている仕事がわからない、進路に悩んでいるという学生も少なくありません。CDA資格を持ったキャリアカウンセラーがそうした皆さんの質問や相談に応え、適した進路に進めるよう指導しています。就職や進学についての質問や相談があれば、いつでも気軽に利用してください。

主なサポート内容

  • 履歴書、エントリーシートなどの添削。各種相談受付、模擬面接の実施。
  • 就職活動に必要な履歴書や封筒の無料配布。
  • 新着求人のメール配信。求人票ファイルの設置。求人票、説明会の案内掲示板設置。
  • 受験者の採用試験報告書など、先輩のポートフォリオ閲覧コーナー設置。
  • 就職マニュアル本、各種雑誌など書籍閲覧コーナー設置。貸出も可。

進路決定を「専門家」がサポート

CDA(Career Development Adviser)の資格を持つキャリアカウンセラーが就職や進学をサポート。進路に悩む学生の気持ちを理解し、適した進路へ導きます。就職や進学についての質問や相談があれば、いつでも気軽に利用できます。

CDA資格とは

CDA(Career Development Adviser)とは、2000年に誕生したキャリアカウンセラーの実務家向け資格。厚生労働省のキャリア形成促進助成金指定試験の要件にも指定されています。個人の能力や興味、適性などと職業とのマッチングを図り、的確なアドバイスを行いながら適した進路・職業へと導く、進路指導のエキスパートです。

キャリアサポートの成果

関西の芸術大学の中でもトップクラスの就職率を保つ成安造形大学

成安造形大学キャリアサポートセンターでは1年次から3年次まで「キャリアサポートプログラム」を継続的に実施し、4年次は個別対応で就職活動をサポート。学生一人ひとりの希望進路や企業、試験・面接経過などの情報をスタッフ全員で把握した上で、きめ細やかな個別指導を徹底しています。
本学では2000年度にキャリア支援科目を正課の授業として取り入れました。その後、授業と教材の研究を重ね、現在のカリキュラムを実施しています。
※就職率=内定者数÷卒業生数(就職希望者数ではない)

就職率の推移

2016年3月卒

卒業生181人のうち就職者131人。その就職率は72.4%
卒業生181人のうち就職希望者140人、就職者131人。その就職率は93.6%。

PAGE TOP