地域実践領域

Creative Community Department
what - 何が学べるのか -

地域のキーパーソンとして
創造的提案ができる人材を育成します

人口減少社会を控え、未来の持続可能な日本社会を考えるとき、
地域の活性化がその最も大切な要素として浮かび上がってきます。
地域実践領域は、「地域」からの視点で芸術を捉え直し、
地域社会のクリエイティビティ(創造力)の向上に寄与できる人材を育成するための領域です。
これまで成安が培ってきた近江学研究や地域連携事業をベースとしながら、
芸術教育の特質を活かして、より具体的な方法で学生が地域に入り込み、
現場で活躍する人が教員となって学生を育むシステムを構築します。

how - どのように学んでいくのか -

考えて動く学び、創造する楽しさ。
4年間で身につくさまざまな力があります。

フィールドワークや地域実践プロジェクト授業などにおいて、
自ら考え、体験したことを経験として活かすための
独自の教育システム PBL(Project Based Learning)を設定しています。
新しいことを生み出すための、探す力、聞く力、話す力、動く力、企てる力、
動かす力、まとめる力、創造する力を身につけます。

future - どのような道に進んでいくのか -

地域に新しい価値をもたらす人材に。
様々な職場で力を発揮できる。

滋賀県中小企業団体中央会との連携協定や、
県内で活躍する招聘教員の協力のもとに、
県内の優良な企業や各種団体と密接に連携し、
滋賀県内における就職を徹底します。

卒業後の進路

一般企業の総合職/営業/営業企画/地域密着型企業/伝統工芸/農林水産/まちづくり、地域振興担当者/公務員/教職員/商工会議所職員/地域コーディネイター/学芸員/アートプランナー/コーディネイター/福祉施設職員 など
PAGE TOP