情報デザイン領域

Media Design Department
what - 何が学べるのか -

「情報」と「デザイン」の視点から、
次代を切り拓く新しいデザイン表現を創造する。

様々な人やモノがネットワークに接続され、
人・社会・情報の関係がより重視されるようになった現在、
社会に必要とされているデザインの姿も大きく変化してきました。
情報デザイン領域では、多様な情報環境の変化に対応できるよう、
情報伝達の知識、技術、データ分析や操作方法を学ぶとともに、
柔軟な発想力・造形力・提案力を身につけ、
今日的な情報デザインのあり方を広く深く教育・研究します。

how - どのように学んでいくのか -

情報をデザインすることを学び、
クリエイティブを磨く4年間。

グラフィックデザイン・情報デザイン・写真・映像の4分野を
基礎から学び、新たなデザイン・表現の可能性を探り続けていく4年間。
コース別に専門性を高める一方、各コースの授業を共有することで横断的に学び、
情報デザインを総合的にディレクションできる力を身につけます。

future - どのような道に進んでいくのか -

プロのクリエイターとして
業界の第一線で活躍できる人材へ。

情報デザインに関する専門知識・技術を身につけるだけでなく、
作品を発信する力も養い、プロとして通用する人材へと育成。
グラフィックデザイナー、Webデザイナー、カメラマン、映像クリエイター、アートディレクターなど、
様々なクリエイティブ業界での活躍の場が待っています。

卒業後の進路

写真家/アートディレクター/フォトジャーナリスト/グラフィックデザイナー/フォトアーティスト/Webデザイナー/パッケージデザイナー/プリンティングディレクター/写真専門誌の編集者/大学講師/映像プロデューサー/企画プランナー/映画監督/テレビ番組企画者/CMプランナー/ビデオジャーナリスト/インタフェースデザイナー/メディアアーティスト/美術教員/学芸員など

取得可能な資格

中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員
PAGE TOP