美術領域

Fine Arts Department
what - 何が学べるのか -

「描くこと」「つくること」から視野を広げ、
「表現すること」の大切さを学ぶ。

美術領域では、日本画、洋画、現代アートを軸にして、美術の基盤である
「描くこと」「つくること」を、充実した制作環境のもとで育みます。
また、そこを起点に視野を広げ、自身と社会・自然・生命など、幅広い世界との関わりを考察
することで多様な価値観を学びます。こうした研究活動を、徹底したマンツーマン指導のもと
取り組むことで、独自の視点と柔軟な社会性を持った「表現者」を育成します。

how - どのように学んでいくのか -

1年次の基礎を活かし、
各専門コースで自己表現を作品化。

素描、絵画、立体・構想計画という美術の基礎を徹底的に鍛える
基礎力養成プログラムを実施。
美術・芸術に関わる知識を修得する演習授業もしっかり行って表現の幅を広げ、
スムーズに専門コースへと進むことができます。
アトリエ感覚の個人ブース、マンツーマン指導と恵まれた環境も整っています。

future - どのような道に進んでいくのか -

さまざまな現代のアートシーンで
活躍できる人材に。

表現をするという学びを通して、社会とどう向き合いたいのかを考える思考力、
それを発信する表現力が身につきます。作家、アーティストとしてはもちろん
一般企業・デザイナー・イラストレーター・教員など業界を問わず幅広い分野で
活躍できる人材へと育つことができます。

卒業後の進路

画家/造形作家/工芸作家/アートディレクター/ディスプレイデザイナー/舞台美術家/グラフィックデザイナー/Webデザイナー/キャラクターデザイナー/イラストレーター/映像作家/絵本作家/伝統工芸関係/文化財修復関係/美術教員/編集者/学芸員/アートコーディネーターなど

取得可能な資格

中学校教諭一種免許(美術)/高等学校教諭一種免許(美術)/学芸員
PAGE TOP