教員紹介

美術領域
准教授

宇野君平

UNO Kumpei
美術家

専門分野

彫刻・現代美術

研究領域

鉄による造形表現の研究。
近年は「鉄を通して見えてくるもの」をテーマに 戦争や環境を意識した表現を展開している。

学位

成安造形大学 造形学部 造形美術科 造形表現群 立体造形クラス 卒業(芸術学士)
筑波大学大学院修士課程 芸術研究科 デザイン専攻 総合造形分野 修了(芸術学修士)

略歴・業績

■主な個展

1997 立体ギャラリー射手座(京都)
2000 立体ギャラリー射手座(京都)
2003 立体ギャラリー射手座(京都)
2005 ギャラリーそわか(京都)

■主なグループ展

1998 「98新鋭美術選抜展」京都市美術館(京都)
2004 「京都府美術工芸新鋭選抜展~2004新しい波~」京都府京都文化博物館(京都)
「アートナビ2004 港の思い出プロジェクト」名古屋市港区役所講堂(愛知)
2005 「”Meeting”-会合-」+Gallery(愛知)
「Independent-イメージと形式-2005」愛知県美術館ギャラリーG1.2室(京都)
2006 「incubation 05 『砂の女』と現代の美術」京都芸術センター(京都)
2007 「臨界~たゆたう僕らは~ 君平×綿引恒平」GALLERY wks.(大阪)
2009 「自宅から美術館へ田中恒子コレクション展」和歌山県立近代美術館(和歌山)
2010 「平展」元立誠小学校(京都)

■主な授賞

1996 第48回京展 彫刻部門 紫賞受賞
1997 第49回京展 彫刻部門 市長賞受賞
1998 第50回京展 彫刻部門 市長賞受賞

■パブリックコレクション
和歌山県立近代美術館

 

  • 和歌山と関西の美術家たち|リアルのリアルのリアルの|2015年3月14-5月10日 和歌山県立近代美術館|撮影:長岡浩司
  • 和歌山と関西の美術家たち|リアルのリアルのリアルの|2015年3月14-5月10日 和歌山県立近代美術館|撮影:長岡浩司
  • 和歌山と関西の美術家たち|リアルのリアルのリアルの|2015年3月14-5月10日 和歌山県立近代美術館|撮影:長岡浩司
PAGE TOP