教員紹介

メディアデザイン領域
准教授

真下武久

MASHIMO Takehisa
メディアアーティスト

専門分野

インタラクションアート/インタラクションデザイン

研究領域

「インタラクティブメディアを利用した芸術作品の制作と研究」
「及びインタラクティブメディアを利用したコミュニケーションデザインの研究」

学位

成安造形大学造形学部デザイン科 卒業(芸術学士)
岐阜県立情報科学芸術大学院大学メディア表現研究科 修了(メディア表現修士)

略歴・業績

■主な展覧会

2001 ”MEDIA DESSIN” , Galerry Shiki, Kyoto
2002 ”scale”, Dozidai Galerry, Kyoto
”Jouable 2002″ , Geneve
”Sensitive Image” , Doshisha Women’s College of Liberal Arts, Kyoto
2003 ”Jouable 2003″ , Doshisha University, Kyoto
2004 ”Ogaki Biennale 2004″ , Shinko Shoken, Gifu
”Digital Art Festival Tokyo 2004″ , Panasonic Center, Tokyo
”Ars Electronica Festival 2004″ , Ars Electronica Center, Linz
”Jouable 2004″ , e’cole nationale supe’rieure des arts de’coratifs (ensad), Paris
”The 3rd Seoul International Media Art Biennale” , Seoul Museum of Art, Seoul
2005 ”Grobal Media 2005″ , Tokyo Metropolitan Museum of Photography, Tokyo
”Touch Me” , V&A (Victoria and Albert Museum), London
”Climax “, National Taiwan Museum of Fine Arts, Taiwan
2006 ”Gwangju Biennale 2006″ , Gwangju Biennale, Gwangju
2007 ”Hypnogenesis” , AD&A Galerry, Osaka
”DAT (Digital Art and Technology) “, Singapore Science Center, Singapore
2008 ”Exotic inbound / outbound”, Aichi Children’s Center, Aichi
”virtual/actual”, Kyoto Art Center, Kyoto
”The 6th Shenzen International Ink Painting Biennale”, Shenzen Fine Arts Institute, Shenzen
2009 ”virtual / actual [pneuma]“, TOKIO OUT of PLACE, Tokyo
”Astro Body Session”, AQUA METROPOLIS OSAKA 2009, Osaka
”Microwave International New Media Art Festival”, Hong Kong City Hall, Hong Kong

■主な受賞

2004 Prix Ars Electronica “the next idea” Award

■主なソフトウェア/ハードウェアの開発

2003 ”XtraRecipe”. Adobe Director拡張Xtra開発支援ソフトウェア
2006 ”sensibilia projection system”. 4画面マルチスクリーン映像制御システム
”USB-KEY8″. インターフェイスデザインのための汎用キー入力デバイス
”Pantilter Interface”. 電子制御雲台のGUIコントロールシステム
2007 ”Shift Cinema”. 携帯電話撮影の動画データベースビジュアライゼーションシステム

 

PAGE TOP